海外のホテルのレストランにて働いた経験談

オーストラリアのリゾートホテル内にあるレストランのウエイトレスとして働いたことがあります。

仕事に慣れるまでは、バイキング形式の朝食サービスのみを任されていましたが、慣れるに従い、ランチ、ディナーのシフトにも入るようになりました。

日常会話程度の英語力はありましたが、レストランで働いた経験がなかったので、最初は専門用語がわからず戸惑うことが多かったです。他のセクションで働く日本人はいましたが、レストランの仕事をしている日本人は私しかいなかったので日本語で説明をもらうこともできず、辞書を忍ばせて仕事をすることもあったのですが、忙しい時は辞書なんて見ている時間もないので、注意を受ける場面も多々ありました。

また、私は典型的な日本人なので色々な雑用を押し付けられてしまうことが多かったです。

「できない」と断っても何も問題はないと思うのですが、なんとなく断りづらくて引き受けれしまい、いっぱいいっぱいになってしまったということが良くありました。

英語力のなさから自分の気持ちを100%伝えきれない歯がゆさや、時には誤解されるような言い回しをしてしまったことなどありましたが、勉強になることもたくさんありました。

いい意味でオーストラリア人はいい加減なので、精神的な部分では日本よりも働きやすかったように思います。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ